田舎暮らし 格安物件 / 古民家 賃貸 / 田舎暮らし 家庭菜園

「スポンサードリンク」

田舎暮らし 家庭菜園 = 田舎暮らし 仕事

田舎暮らし不動産周辺に咲く花の写真(千葉県・栃木県
千葉県の田舎暮らし古民家賃貸物件近くの九十九里浜 千葉県の田舎暮らし古民家賃貸物件近くのヒマワリ畑 千葉県の田舎暮らし古民家賃貸物件にさ咲く花 栃木県那須町の田舎暮らし格安賃貸物件近くに咲く山ユリ 栃木県那須町の田舎暮らし格安賃貸物件近くに咲く花 栃木県那須町の田舎暮らし格安賃貸物件近くに咲く花

2013年11月9日土曜日

千葉の格安の土地物件が田舎暮らし不動産に変貌

千葉の格安の土地物件が田舎暮らし不動産として蘇った。
千葉の格安の土地物件が家庭菜園のおかげで、立派に田舎暮らし不動産として蘇った。
今年は、開墾初年度だったので、連作障害の心配も無く、開墾した約11箇所の1~2坪の花壇の様な狭い畑に、小豆、ナスビ、小松菜、トウモロコシ、カボチャ、サツマイモ、オクラ、ネギ、冬瓜、ツルナシインゲン、ハグラウリ、アンデスメロン、唐辛子、ニラ、ピーマン、落花生、トマト、それにスイカ(順不同)を作付けし、殆ど上手くいったが、ニラは芽が出ず、ピーマンは根切虫にやられ、アンデスメロンとハグラウリはソフトボール大のが1~2個程度の収穫となった。
と、言う訳で、千葉の格安の土地物件が家庭菜園のおかげで、立派に田舎暮らし不動産として蘇ったのだ。
次は、中古のトレーラーハウスを購入して、家庭菜園付きの別荘にでもなればと、夢を膨らませている。

2013年7月10日水曜日

千葉の田舎暮らし不動産(竹やぶ)で家庭菜園開始

家庭菜園で立派な千葉の田舎暮らし不動産に蘇った

スーパーでの食料買出し費用を少しでも節約するために、千葉の田舎暮らし不動産(竹やぶ)で家庭菜園を始めた。
昔、何の計画も無く、ただ安かったので購入した千葉の竹やぶが、今や我が食糧費の節約のために役立つとは当時は思いもよらなかった。
この千葉の田舎の土地(竹やぶ)は国道に面しているので、交通だけは便利と言えたが、何しろこの土地は竹やぶなので、畑など絶対無理との先入観念が頭を覆っていた。
しかし、最近の貧困層に襲いかかるこの不況下で食糧費までもおぼつかなくなり、何かに役立てばと、これも昔購入したツルハシを振り上げて「えいっ!!、えいっ!!」っとばかり大暴れをしてみた。
67歳の身には少し堪えたが、それでも気が付くと一坪程度の畑が誕生していた。
これに気を良くし、毎日ツルハシで大暴れをやった結果、一坪程度の畑が10箇所ほど出来てしまった。
竹の根が縦横無尽に這い回り、石ころだらけの竹やぶだったが、今では立派な家庭菜園と生まれ変わっている。
小松菜とキュウリは毎日収穫出来る様になり、確かにスーパーでの野菜の買物はなくなった。
この竹やぶの土地が不動産として蘇った。
家庭菜園での野菜作りがちょっとした田舎暮らし気分を味あわせてくれる。
もうこの土地は立派な千葉の田舎暮らし不動産と言えそうだ。

2013年3月21日木曜日

田舎暮らし不動産は宝の山

これからの日本を生き抜くには、田舎暮らし不動産が重要な役割を果たす。
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加とか消費税増税とか叫ばれている中で、米や牛肉を例外品目にしようとか、デフレ脱却の為に物価上昇を容認しようとか、我々貧民層には生活が困窮する話ばかりが横行しています。
そろそろ、自分の食糧は自分で賄う風潮が生まれても良さそうなのに、のんびり性格の日本人には、そこまで考えが及ばないのが現状でしょう。
若者達は日々の生活に追われ、選挙投票に行く時間も無く、棺桶に半分足を突っ込んだ高齢者の投票結果で政権が生まれたり没したりしている日本ですから、ろくな政策は生まれません。
いつも、スーパーヘ食料の買出しに行っていますが、最近の食料価格は、たとえ半額であっても高すぎて購入出来ないのが、我々貧困層の現状です。
元の価格が高すぎるので、たとえ半額になったとしても、全然安くないのです。
そんな高価な食品を何の躊躇いも無く、どんどん買物かごにほりこんでいく公務員の主婦達が羨ましく思う人達もいることでしょう。
そこで、脚光を浴びるのが、田舎暮らし不動産です。
田舎暮らし不動産が有れば、食料の時給自走が可能です。
いきなり100%の自給自足はできなくとも、即50%位の自給自足なら努力次第で可能と思われます。
50%もの食料が自給自足が出来れば、スーパーで高価な食料を購入する人を羨ましく思うこともなくなります。
50%もの食料が自給自足が出来、日本が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)へ加入すれば、たまには国内産の高額な食料も食せるでしょう。
日本の若者達が50%もの食料を自給自足出来れば、結婚する若者が増え、子供もどんどん生まれ、若年層が磐石となるので、消費税減税も夢では無くなるでしょう。
田舎暮らし不動産が格安な現在が田舎暮らし不動産を購入する絶好の機会です。
日本を住みやすい国にするには、食料の自給自足が最も有効な手段だと思います。
身の回りに有り余る食料を抱えていれば、貧困で喘ぐことなど絶対にありえませんから。

2013年3月10日日曜日

田舎暮らしを千葉の不動産で

東京の近郊の千葉で田舎暮らし不動産の古民家の賃貸で田舎暮らしをする人は多い。
集団就職で東京で定年まで働いて、東京で家を持って、定年後、その家は息子夫婦に譲り、自分たちは遠からず近からずの千葉県あたりで田舎暮らしをしている。
おかげで、千葉の不動産、特に千葉の田舎の不動産が注目を浴びている。
田舎暮らし不動産の古民家を千葉で賃貸して畑を耕す。
田舎暮らし不動産の格安物件を千葉で賃貸して田んぼでお米作り。
田舎暮らし物件の山林を千葉で購入して山で炭焼き。
田舎暮らし物件の中古住宅で春は毎日山菜取り。
千葉県の田舎で楽しい余生を送っている人は多い。

2013年2月10日日曜日

田舎の竹やぶは田舎暮らし不動産

田舎の竹やぶは立派な田舎暮らし不動産である。
昔の一時期、竹やぶの炭焼き(竹炭焼き)小屋で、竹炭を焼きながら一人で暮らした事がある。
孟宗竹林であったが、竹やぶの居心地が非常に良かった事を覚えている。
強風が吹いても、竹やぶがザワザワ音を立てるぐらいで、直接風が当たらず、雨が降っても傘の必要が無い。
しかも、竹やぶの下には道路や人家がたくさん在るが、騒音は全く聞こえない。
この竹やぶは絶対、田舎暮らし不動産だと思った。